民泊を利用する流れ

民泊を利用するなら、予約する方法や流れについて知っておくといいでしょう。借りるところを選択して、ホスト側に鍵を受け取るまでが民泊を成功させるポイントです。ポイントを押さえて旅行を楽しみましょう。

民泊を借りるまで

宿泊するところを決める

まず、具体的に自分が借りたい地域、時期を決めて宿泊する部屋や家を見つけましょう。地域の物件によっては土日などの週末が高くなることもあるので、日付の入力も忘れないように。そこで自分が気に入る物件をいくつか絞ります。

ホスト側に問い合わせ

気に入った物件が絞り込めたなら、ホスト側に一括で問い合わせをしましょう。ホストによっては返信がいつ来るか分かりませんが、返信が早いところが安心して民泊を借りれるでしょう。理想的に言えば、送信してから10分ぐらいがベストです。

希望通りなら予約

ホスト側に問い合わせをして、条件が満足できそうなら予約しましょう。特に人気がある物件はすぐに予約が埋まってしまいます。しかし、早めに予約することが大切ですが、予約する前に条件などをしっかりと確認するようにしましょう。

チェックインする

ホストと待ち合わせするのが、一般的ですがホストによってはチェックイン方法が様々です。ですので、ホスト側に決められた方法に従って、チェックインする必要があります。例えば、直接鍵を手渡しするホストもいれば、郵便ポストで鍵を受け渡しするホストもいます。

チェックアウトする

滞在期間が終わったら、予め、部屋を清掃しておきましょう。綺麗に使用してないとホスト側とトラブルになってしまう原因になります。チェックアウトの方法としては、ホスト側に指示された方法に従いましょう。ホスト側が鍵を受けとることで終了です。

民宿と民泊の違いを知ろう

ウーマン

法律的な問題

民泊と民宿の大きな違いは旅館業法に則っているか否かです。民泊の場合は一般的な個人宅を貸し出すので個人の取引として、法律は関与しません。しかし、民宿の場合は旅館業法により、施設の設備や条件が決まっています。

サービス提供の違い

民泊は貸主から鍵をもらえば、後は個人の自由で行動をします。つまり、滞在中の家事や食事は自分でしなければならないということです。しかし、民宿はスタッフが掃除や食事なとのサービスを提供してくれます。サービスがあるということは金額面での負担は民宿の方が大きいです。ですから、格安で予約したいなら民泊がおすすめです。

ルームシェアの可能性も

民宿ではホテルや旅館と同じで、個室を用意してくれます。しかし、民泊の場合はルームシェアをする可能性もあります。また、民泊はホスト側の条件として留守中の間だけなど、民宿よりも滞在期間に制限があることもあります。

広告募集中