トラブルを防止するために知っておく

部屋

借主と連絡が取れない

日本ではあまり起こらない事例で、海外で多いのがホスト側と連絡が取れないケースです。予め、連絡をしても、現地に行ってみると留守であり困ってしまう人も沢山います。現地で立ち往生しないためにも、時間厳守と伝えることが大切です。

実物が違う

見た目で気に入って宿泊を決めたのに、いざ現地についてみれば写真と実物にギャップがあり不満を感じる人が増えています。そして、このトラブルが発生することが日本でも多いのです。ですから、現地に宿泊する前に下見に行くか写真についてきちんと聞いておく必要があります。

予約と条件が異なる

ホスト側とゲスト側がよく揉めるトラブルが予約と条件で違うことです。勿論、ゲスト側はホスト側に決められたルールに則り滞在期間中は生活しないといけません。しかし、ホスト側が出した予約時の条件と滞在時の条件が違うことがあるそうです。トラブルを回避するためにも、契約書にはしっかりと目を通して、契約書の控えを貰っておきましょう。

レビューと違う

民泊で多くの人が参考にしているレビュー。高評価なホストの物件を格安に予約できたら、安心できますよね?しかし、いくら高評価だからといって安易に決めるのは良くないです。やはり、ホスト側と直接会って物件を見せてもらうことが確実です。

キャンセル料でトラブル

民泊を借りる上で、気を付けてないといけないのがキャンセル料。旅行に行くつもりだったけど、予定が入っていまい、キャンセルなんてことはしばしばあります。しかし、キャンセル返金はできないなどと言われる人もいるので注意しましょう。事前にキャンセル返金ができるのか確認するだけで、トラブルを防げます。

個人の取引だから慎重に

民泊サービスは個人で取引することができるので楽に予約することができます。しかし、その反面ではトラブルが多いので、現地に行くまでは安心せずホスト側と連携しておくことが大切になります。

広告募集中